FX フィボナッチリトレースメント解説 チャート分析 シグナル発信

フィボナッチリトレースメント、移動平均線、RSIを駆使して天井天底を狙うFXブログです。チャートの分析、シグナル発信も行っています。

10/28 ユーロドルの現状 フィボナッチ解説 気になるポンド

ユーロドル15分足です

f:id:denpark:20191028170419p:plain

ユーロドル15分足

次の節目は1.10653あたり

アメリカでは29,30日にFOMC政策金利がきまります。

大手機関の予想でも90%は利下げ予想。

利下げなら30~40pipsは上にあがりそう。

しかし現在のチャートは利下げを織り込み済みの内容の為、買われたとしても、その後一転して売りに変わる場合があります。

それはFOMC後の議長の声明次第で上下します。

今現在持っているポジションは結果が出る前に利確すると思います。

予想では、利下げ→利下げはここで一旦終了→ドル高の流れです。

節目の1.10653を割ってきたら保持して、反発したら利確する予定でいます。

他の持っている通貨も同様にポジションを解消するかもしれません。

新規でポジションを持つとしたら、利下げが確認できたら手じまいの予定で1.0653で買うかもしれません。

上下で刈られるような事はないように気を付けてください。

イギリスは1月まで離脱が延期になりそうです。

fx.minkabu.jp

もし合意された離脱であればポンドは買われると思います。

逆なら売られます。

予想では前者です。

しかし、今までにないビックイベントの為、チャートがどう動くかは予想しにくい状況です。

どちらにせよ、動きがない今は様子見をするのが得策と言えそうです。

今回は以上です

ツイッターでブログの更新情報、シグナル配信してます。


為替・FXランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村