FX フィボナッチリトレースメント解説 チャート分析 シグナル発信

フィボナッチリトレースメント、移動平均線、RSIを駆使して天井天底を狙うFXブログです。チャートの分析、シグナル発信も行っています。

10/23 ユーロドルの現状 

ユーロドルは下落しています

f:id:denpark:20191023195905p:plain

ユーロドル15分足

次のターゲットになりそうな場所は1.10900付近です

この画像ではフィボナッチは引いてませんが、一番上から引いたら1.10850辺りが反発のポイントになりそう。

1時間足、4時間足、15分足でもMAが重なっています。

これが調整の下落の場合、そこから反発して再度上昇する可能性があります。

現在のポジションは全て利が出ていますが、ユーロドル上昇の可能性もあるので要注意です。

fxchart.hatenablog.com

 

今日は値動きのポイントを一つ解説したいと思います

1.11000から1.1000を目指して下落したとします。そうすると不思議と1.0800辺りで一度反発します。

逆に1.10000から1.11000まで上昇するとします。その場合1.11200辺りで反発します。

節目の価格∓20pipsぐらいが反発のポイントです。

メジャーな通貨しか見ていませんが、どんな通貨でも言えることです。

例えば0.7000から下落していたとします。よっぽど勢いがない限りなぜか0.5800あたりで一度上昇するんです。

これは恐らく0.6000で利食いと買い、売りが交錯した結果そうなっていると理解しています。

一度気にして見てみてください。

今回は以上です。

ツイッターでブログの更新情報、シグナル配信してます。


為替・FXランキング

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村